どのぐらい乗ったら廃車扱い?

無料で廃車しても儲けがある

無料で廃車しても儲けがある 時々、ガソリンスタンドなどで廃車無料と言うような表示を見かけます。
これはもういらなくなった自動車の解体や登録抹消を無料でしてくれると言う意味ですが、無料で引き受けているのなら、一体どうやって儲けを出しているのでしょうか。
実はいくつもの儲けがあるのです。
まず廃車と言ってもすべてに中古車として価値がないわけではありません。
輸出を含めて中古車で転売されるケースがあります。
またスクラップにする場合でも今はある程度の値段で受けれます。
これは自動車リサイクル法により新車購入時にリサイクル費用の一部を預託している為にスクラップの転売である程度利益が出るからです。
更に車検が残っていたりすると税金等の返還金があることがあるからです。
この金額が結構大きな物となる事もあります。
本来持ち主に還付されるべきですが、自動車を譲渡してもらったと言う事で業者が受け取っている場合も珍しくありません。
そのような仕組みの中で廃車無料が成り立っているのです。

廃車のリサイクルについて

今では自動車リサイクル法という法律が作られており、自動車はリサイクル料金を予め支払っていないと廃車にできませんし、それ以前に車検が通りません。
新車購入時には予めその金額が上乗せさせているはずです。
なお、料金を支払うのは最終的に廃車にする者です。
従って、例えば中古車として売却した場合は、その分の料金は返還され、次にその中古車を買った者が新たに支払うことになっています。
廃車された自動車はどうなるかといいますと、まずは解体業者がそのままでも使える中古部品などを取り外します。
これにはバッテリーやタイヤなども含まれます。
その後破砕処理されるわけですが、その前に、カーエアコンのフロンガスとエアバッグだけは処理に注意が必要となります。
フロンガスはきちんと処理しないとオゾン層の破壊が懸念されますし、エアバッグは解体に専門的な知識が必要となるからです。
予め支払ったリサイクル料金は、別にこの部分にだけではありませんが、主にはこのフロンガスとエアバッグの処理のために使われています。
なお、最終的には自動車の重量の約8割は資源としてリサイクルされていて、ゴミとして埋め立て処分となるのは2割ほどです。